電話番号
045-543-0303

処方せん送信&お薬手帳アプリの起動

●営業時間
9:00~19:00(月・火・水・金)
9:00~16:00(土)
*木曜・日曜・祝日は定休日。


お知らせ

『タウンニュース 港北区版』に『百の治療より一つの予防』が掲載されました。

「百の治療より一つの予防」

 「治療には限りがあるが、予防には限界がない。百の治療より一つの予防」
 これは創業52年、大倉山・坂本薬局(坂本悟社長/管理薬剤師)が、1966年の創業当時から大切にしてきたテーマだ。病気になりにくく、また、なっても治ろうとする人間が生まれ持った自然治癒力を高める身体づくりのサポートを長年に渡って続けており、今では港北区内に4店舗を展開中。「効くと治るは違う」と語り、(薬で)一時的に症状を抑えるのではなく、自然治癒力や体力を高めることで治す力をつけることが重要と考える。
 「昨今は、軽度の病気や怪我を自己治療するセルフメディケーションの時代」。漢方薬や要指導医薬品などのOTC医薬品も販売する大倉山・坂本薬局には、「病気にならないよう」「なっても重症化しないよう」と先手を打って定期的に来店する人が多いという。

 

鼻水が喉に流れ苦しいのは「こうびろう後鼻漏」かも

 例えば「後鼻漏」とは、鼻水が喉に流れてくる症状。喉のイガイガや不快感、咳き込みで寝られないなどで困っていたらその可能性が高い。「原因として副鼻腔炎である場合が多く、当店ではこの症状を改善するための漢方薬を販売しています」

 

20190101

「コラム」一覧へ戻る

▲